2019年度千葉県予算編成にあたって要望しました(2018/11/26)
 日本共産党千葉県議団(5人)は26日、2019年度県予算編成にあたっての要望書を森田健作知事に提出しました。
 5人の県議は、医療費負担の軽減、障害者(児)への支援拡充、教員の抜本的増員や県立高校統廃合の撤回、商店街・商店への支援予算増額、漁業法改正反対の意思を表明することなどを求めました。
(詳しくは『提案・政策・見解』『トピックス』をご覧ください。)