JFEスチール蠅療拿鼎覆覿定違反にたいし、断固とした措置を求める申し入れ(05/04/21)

JFEスチール蠅療拿鼎覆覿定違反にたいし、断固とした措置を求める申し入れ

千葉県知事 堂本暁子様
                     2005年4月21日
                         日本共産党千葉県議会議員団 



 シアン化合物など有毒物質の違法な排出や、測定データの改ざん及び行政への虚偽報告など、一連の悪質な行為により県及び千葉市から是正指導を受けているさなかのJFEスチール蠅、こんどはシアン化合物の排出源と見られる施設(ダスト精錬炉冷却塔)を県・市への事前協議なしに解体撤去するという、新たな協定違反を犯していたことが明らかにされた。違反に違反を重ねる、まさに県民の常識とかけ離れた行為というほかはない。
 同社が県・市との間で公害防止協定の強化策を合意し、その一環として確認書を締結したのは3月24日であった。確認書の第4項では、ダスト精錬炉及びその関連施設の周辺エリアに係わる汚染対策を実施する場合は県・市にたいし事前協議することが明確にうたわれている。その内容を真っ向から踏みにじる無断の解体撤去作業が、締結のその当日から開始されている。こんな異常なことは絶対に許されるものではない。
 報道によれば、千葉市は、この冷却塔が実際にシアン化合物の排出源であったかどうかを実地に検証する予定であったとされ、その矢先の施設撤去によって原因究明作業に影響がでるとも伝えられている。これでは、この異常きわまる無断撤去は、事実の究明を逃れるための証拠隠滅を目的とした意図的妨害行為だったのではないか、との疑念をもたれても仕方がない。
 巨大企業によるこうした反社会的ともいうべき違反行為の横行は、行政指導の軽視そのものであり、同社の「お詫び」や「反省」が、言葉だけのものであることを示している。こうした行為が繰り返されるなら、県行政にたいする県民の信頼は根底から履がえらざるを得ない。
 わが党はあらためて貴職が、毅然たる姿勢でJFEスチール蠅療拿鼎覆覦稟森坩戮魑衞世掘▲撻淵襯謄ーを含む厳しい措置をもって対処するとともに、再発防止にむけた公害防止協定のさらなる見直し、および立入り検査等監視体制の強化を早急にはかるよう、つよく要請するものである。
                                     以上