過去のトピック
陸上自衛隊オスプレイの木更津駐屯地への「暫定」配備計画に関する申入れを行いました
陸上自衛隊オスプレイの木更津駐屯地への「暫定配備」について、千葉県と木更津市の質問に対して北関東防衛局が文書回答した事をうけ、11月26日に日本共産党千葉県議団が千葉県に申入れを行いました。
 冒頭、加藤英雄県議団長は県の受け止めと対応について質問。応対した総合企画部政策企画課の木村文和政策室長は、国の回答内容では期限を切った「暫定」配備とはならない考えを明らかにしました。その上で、対応については「木更津市と市議会の判断を注視し、検討」すると述べるにとどまり、県としての賛否の明言は避けました。
 次いで、みわ由美県議が木更津市以外でも説明会を行うよう迫りました。木村室長は、影響は千葉県広域にわたることから、各自治体から要望があれば説明会も含め対応を検討すると答えました
(申し入れ本文については『提案・政策・見解』をご覧ください。)