過去のトピック
台風15号被災者救援緊急申し入れ(2019/09/17)
 台風15号の被害が長期化しているもとで、日本共産党千葉県議団と同千葉県委員会は9月17日、森田健作知事に被災者救援についての緊急申し入れを行いました。
 今回の台風は、強風によって大規模な停電、断水が発生。多数の重軽傷者、住宅被害、農業被害などで、被災住民は心身ともに疲労し、苛立ち、不安を募らせています。
 申し入れ事項は、▽被災地への派遣職員大幅増員、被害の全体の早期掌握、相談窓口の設置。▽被災者の要望に応えた救援物資の確保。▽電力業界あげた停電の早期全面復旧。▽高齢者、障害者、幼子をもつ家庭への飲料水と十分な栄養(食事)の提供。▽民間住宅借上げ、UR住宅などを含む住宅被害者への住居提供。▽生活再建に向けた見舞金の支給。▽きめ細やかな情報提供と通信環境の早期改善。▽激甚災害の指定を国に求める、の8項目です。(全文は、提案・政策・見解に掲載)
 これは、この間、日本共産党がとりくんでいる救援活動の中で、住民や自治体関係者などから党議員等に寄せられた声をもとにまとめたものです。
 申し入れ書は、加藤英雄県議団長、みわ由美県議、浮揚幸裕千葉県委員長が県防災対策本部を訪れ、新村理県危機管理室長に手渡しました。応対した同室長は「わかりました。関係者に伝えます」と述べました。