過去のトピック
米軍オスプレイの木更津「暫定配備」に関して申し入れました(2019/5/29)
 防衛省が垂直離着陸機V22オスプレイを陸上自衛隊木更津駐屯地(木更津市)に暫定配備することを県と同市に要請した問題で、日本共産党千葉県議団と同県委員会は29日、森田健作県知事あてに申し入れました。
 オスプレイは世界各地で墜落事故を起こしている危険な軍用輸送機で、木更津に配備となれば県内全域に危険が及ぶことになります。参加者は「防衛省は『暫定配備』としているが期限は示していない。事実上『恒久配備』化するのは目に見えている」と強調し、防衛省に配備方針の撤回を求めるよう要請しました。
 応対した石川徹総合企画部長は「防衛省幹部の話として『知事が暫定配備に前向き』だという誤った報道がされている。防衛省との信頼関係が築かれず交渉につく前の段階だ」と答えました。
 申し入れには、加藤英雄、みわ由美両県議と、しいばかずゆき参院比例予定候補、浅野ふみ子参院選挙区予定候補、さいとう和子衆院比例予定候補、丸山慎一前県議、川副邦明党県副委員長らが参加しました。