過去のトピック
橋下発言めぐり女性県議が抗議声明(2013/5/17)
橋下氏に発言撤回と謝罪を求め会見する岡田氏(右から2人目)ら
 日本維新の会の橋下徹共同代表・大阪市長が旧日本軍の「従軍慰安婦」について暴言を続けている問題で、千葉県議会の女性県議が17日、発言の撤回と謝罪を求める抗議声明を発表、県庁内で記者会見するとともに、橋下代表に声明を送付しました。
 声明は、日本共産党の岡田幸子県議をはじめ民主、社民、市民ネットの7人の全女性議員が名を連ね、会見には5氏が出席しました。橋下発言について「女性の人権を蹂躙し尊厳と名誉を傷つけたという歴史認識に欠け、性暴力被害者をさらに傷つける断じて許せない暴言だ」と厳しく糾弾。「女性を道具のごとく扱う人権感覚の橋下氏に公職を務める資格はない」と断じています。
 岡田氏は「慰安婦」とされた人たちから凄惨な体験を直接聞いたことを紹介し「全女性への冒涜であり男性に対する侮辱でもある」と強調しました。
 この前日の定例記者会見で森田健作知事が「橋下氏一流の政治手法だ」と発言したことについて問われた県議からは「こんな大問題を批判しないのは肯定したことと一緒」と厳しい声が出ました。