過去のトピック
東日本大震災・被災者の救助・救援に全力を 日本共産党が知事に申し入れ(2011年3月15日)
手前・石渡哲彦千葉県災害対策副本部長(副知事)に申し入れる小松実県議団長(正面左)、浮揚幸裕党県委員長(正面中央)
 東日本大震災の被害は未曽有の規模で広範囲に及び、さらに被害は広がっています。東京電力福島第一原子力発電所では、爆発・火災が起こり、放射能漏えいが拡がり、大惨事が起こりうる最悪の事態となっています。
 千葉県内でも、旭市での津波被害などで犠牲者がでています。京葉コンビナート火災、土地の液状化、建物損壊、断水なども発生し、東電の「計画停電」によって、交通機関などが大混乱しています。
 痛ましい犠牲となった方々にたいし、つつしんで哀悼の意を表するとともに、被災者のみなさんに心からのお見舞いを申し上げます。
 いま、日本共産党は救援活動に全力をあげています。党千葉県委員会と党県議団は3月15日、千葉県に対して、被災者の救助・救援に力を尽くすよう緊急申し入れを行いました。
(申し入れの全文は、提案・政策・見解のページをご覧ください)