過去のトピック
男女共同参画の促進を千葉県議団が申し入れ(2010年11月4日)
 千葉県が年内に作成する予定の「男女共同参画計画」(第3次)について、このほど日本共産党千葉県議団は、「真の男女平等の実現と男女共同参画の促進をめざす見解」を明らかにしました。4日には、小松実、丸山慎一、岡田幸子、みわ由美の4県議が高橋渡県総合企画部長らに見解を示し、県の計画が男女共同参画促進にとって実効性のあるものとなるよう申し入れました。
 県が9月に公表した「計画」(第3次)骨子は、計画の土台である基本理念から「男女平等」を削除しています。また、県の審議会などで女性委員の占める割合が全国46位と著しく遅れているにもかかわらず、「政策・方針決定過程への女性の参画促進」が基本目標から外され、具体的な施策の一つへと位置づけが後退し、女性への差別解消のために必要な具体的な課題である「固定的な性別役割分担意識の是正と制度・慣行の見直し」「母性保護」「社会全体での子育て、介護支援の促進」なども削除または後退しています。
 党県議団のこうした指摘にたいして、高橋部長は「男女平等をなくしたというが、要は中身だ。普通にだれもがわかる計画にしたい」「男女平等というと、男性と女性がなんでも同じことをすることだと思う人もいる」などとのべました。党県議団は「計画にとって、男女平等の促進が根幹のはずだ。だれもがわかる男女平等をいっさい取り除いたことに不自然さを感じざるを得ない。なにか、意図的なものが働いているのではないか」と重ねて批判。「現実の社会に男女平等をしっかり根づかせる計画にすべき」と強調しました。