過去のトピック
「靖国DVD」学校現場への持ち込みやめよ!県教委に申し入れ(07/05/31)
 日本青年会議所作成によるアニメーションDVD『誇り』を教材にした教育事業が、文部科学省の委託事業に採用され、全国の学校で実施されようとしている問題で、日本共産党千葉県議団(小松実団長)は5月31日、佐藤健太郎県教育長にたいし、DVDの学校へのもちこみや、それを使った授業が千葉県内で行なわれることのないよう申し入れました。
 申し入れは、このDVDが日本の侵略戦争を「自衛のための戦争」と主張するなど靖国神社・遊就館の展示内容と基本的に同じであり、文字通り“靖国DVD”だ、と指摘。アニメを使って靖国神社の得意な戦争観を子どもの心に刷り込むなどということが、学校教育の現場で行なわれてよいわけがない、と告発しています。
 学校教育はあくまで日本国憲法の基礎にたって行なわれるべきであり、この大原則をくつがえすこうした動きが、“靖国史観”をかかげて改憲に突き進む安倍内閣の暴走と符節をあわせて表面化していることを、特別に重視すべきだと主張しています。
 県教委側は、これまで県教委にはDVDが届けられてはいない、教材の選定は学校長の権限となっており、学校から教育委員会に自動的に報告されるシステムとはなっていない、などとしたうえで、申し入れの趣旨は承ったと述べました。