過去のトピック
「銚子連絡道路」の建設現場を視察(04/7/16)
左・小松あつし県議 右・丸山慎一県議
 2004年7月16日、日本共産党の丸山慎一、小松敦両県議は、県がすすめる「銚子連絡道路」の建設現場を視察しました。
 京葉道路から東金有料道路に入ると、現在の終点は松尾インターです。ここからさらに高速道路(圏央道)は北に延びる計画ですが、インターの少し手前で分岐するのが銚子連絡道路です。
 現在、松尾インターから銚子までの全区間のうち、第1期事業区間として、松尾〜横芝間6・1キロメートルで建設が進められています。
 千葉県が進める道路建設事業ですが、工事そのものは千葉県道路公社がおこなっています。完成は、1年半後とされています。
 事業計画は往復4車線で、用地の買い上げや橋の両端部分(橋台)、跨道橋などは4車線分で実施されていますが、実際の道路部分は2車線で建設がすすめられています。
 過大な交通量の見積もりにもとづく、過大な工事なのではないか、という懸念がぬぐえません。