過去のトピック
高齢者の高額医療費1億円が未返還 手続きの簡素化を(03/9/30)
 日本共産党千葉県議団が9月30日、県に、高齢者の高額医療費の償還払い手続きの簡素化などを申し入れました。
 昨年10月から、70歳以上の高齢者の医療費に一割負担が導入されました。政府は、高齢者の負担を抑えるとして、月ごとの限度額を設けていますが、限度額を超えた分はいったん患者が支払わなければならない償還払いです。しかも、申請しなければ返されないため、県保険医協会の調査では県内で1億5400万円、対象のうち約2割の高額医療費が返還されていません。
 党県議団は、医療費が返されない最大の問題は、返還が申請主義であることだと指摘し、他市では、医療費の通知とともに返信用封筒を送って未申請率を3%に抑えている例があることを紹介。
 々盂朧緡堵饅還払いの実態調査の実施、⊃柔措蠡海の簡素化を指導している厚生労働省通達を徹底し、実務の簡素化を市町村に働きかける、0緡典ヾ悗代理で高額医療費分を受け取るシステムをつくり、本人は窓口で払わなくてもすむ「受領委任払い」の実施を市町村に働きかけること、す颪法◆峺淑給付」への制度改善を要望することを要望しました。
 梅田勝県健康福祉部長は、「県の実態調査の結果をふまえ、申請実務の簡素化をすすめていきたい」とのべました。