過去のトピック
盲導犬の普及を 岸川さん夫妻と「アロマ」が知事と面会(03/7/22)
知事(右)と面会した岸川夫妻とアロマ。
右2人目は小松実県議
 視覚障害者への理解と盲導犬の普及をひろげようと、佐賀県嬉野町の岸川美好さんと盲導犬「アロマ」(雌2歳)、妻の洋子さんが7月22日、千葉県庁を訪れ、堂本暁子知事と面会しました。


 岸川さんと「アロマ」は、妻の洋子さんが運転する乗用車で47都道府県を巡り、視覚障害者と盲導犬が安心してどこにでも自由に行ける社会の実現を訴えています。


02年10月から「身体障害者補助犬法」により、国、地方公共団体、公共施設、公共交通機関、銀行や学校などで盲導犬などの補助犬受け入れを拒んではならないことになり、03年10月からはホテルやデパート、レストランなどにも受け入れが義務づけられます。


 この日、知事に面会した岸川さんは「私たちにとって盲導犬は目であり、杖です。しかし、盲導犬を連れているだけで入店を断られることが多いのが現実です。関係業者はこの法律の内容をまだまだ知りません。法に対する理解と支援をひろげたい、との思いから全国ツアーを思いつきました」と訪問の目的をのべました。


知事は、岸川さん夫妻を労い、その場で鳥取、岩手、宮城の各知事に岸川さんを紹介する親書を書いて手渡し、一行を激励しました。


 面会に尽力した日本共産党の小松実県議も同席し、「盲導犬をはじめ聴導犬、介助犬への理解がひろがり、障害者の自立と社会参加が促される社会をつくるため力をあわせましょう」とのべ、和やかに懇談しました。